SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

中国の経済指標が低迷し17年ぶりの低い伸び率に!市場の予測値も大きく下回りました

14日の米国株式市場はDow Jones Indexが800ドル超の安値となりましたが、原因の1つは中国経済の指標が低迷したことです。7月の鉱工業生産が2002年以来17年ぶりの低調な値。

中国国家統計局が発表した7月の鉱工業生産は前年同月比4.8%増と17年ぶりの低い伸びにとどまった。その他の経済指標も軒並み予想を下回っており、米国との貿易問題が激化するなか、中国景気の鈍化が深刻化している。

中国政府は1年以上前から景気支援策を打ち出してきたが、債務膨張のリスクを冒してもさらに強力な措置が必要か疑問を突きつけらている。

経済指標は6月に改善の兆しが見られたが、7月は鉱工業生産、投資、小売売上高など幅広い統計で需要低迷が明らかになった。

マッコーリー・グループのグレーターチャイナ経済部門のトップ、Larry Hu氏は“逆風はかなり強く、きょう発表された統計はコンセンサスをかなり下回った。中国経済にはさらなる刺激策が必要だ。景気は今後も鈍化が続く見通しで、ある時点で当局はインフラ・不動産部門への支援措置を余儀なくされるだろう。年内にもそうした状況になる見込みだ”と述べた。

鉱工業生産は6月の6.3%増から伸びが鈍化し、市場予想(5.8%増)を下回った。7月の伸び率は2002年2月以来の低水準。

景気支援で政府が力を入れてきたインフラ投資も低迷。バブルの懸念がありながらも、数少ない有望分野とみられていた不動産投資も低い伸びとなった。

工業情報省は先月、保護貿易主義を理由に今年の工業部門の成長率目標5.5%─6.0%を達成するには“多大な努力”を要するとの認識を示した。



ただし、中国の景気減速が発端となって世界的に悲観する雰囲気が広まり、米国の長期債が次々と買われる状態となりました。30年債は過去最低の利回りを更新し、英国でも同様に10年債と2年債が逆転する現象が発生しています。

14日の債券市場では米国と英国で2年債利回りが10年債を上回る逆イールド現象が発生した。最も安全と見なされる市場の一角へと投資資金が避難し、新たなリセッション(景気後退)シグナルが点灯した。

世界で軟調な経済指標が相次いだことを受け、イールドカーブは米英両国で逆転した。中国の弱い小売売上高と工業生産に続き、ドイツがマイナス成長に陥り、世界経済への悲観が深まった。

ADMインベスター・サービシズのグローバルストラテジスト、マーク・オストワルド氏は、“中央銀行が出遅れていると債券市場は告げている”と指摘。“世界経済は悲観一色だ”と述べた。

期間が長く、利回りがまだプラスの債券には世界的な成長鈍化を懸念した資金が逃げ込んでいる。リターンより安全を優先するこの行動が、10年超の長期債の利回りを短期債より低くする。

米国の10年債利回りは一時1.57%と、2016年9月以来の低水準となり、2年債に対するプレミアム(上乗せ利回り)は一時マイナス1.92ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)となった。30年債利回りは過去最低を更新。英国では10年債利回りが2bp低下して0.475%、2年債は1bp上昇の0.478%を付けた。

逆イールドへの流れは時間をかけてゆっくり進行してきた。成長懸念がその間に著しく深刻化したことを反映している。2年債と10年債の利回り差は2年以上にわたって徐々に縮小していた。リセッションシグナルとして注目される別の指標である3カ月物と10年物の利回り差は、今年3月に逆転して以来現在までの大半の期間で逆イールドの状態が続いていた。

サンタンデール銀行の英金利ストラテジスト、アダム・デント氏は、“米国が先を行けば、英国は後を追う”と述べた。“市場はこれまで、金利が最終的に正常化するという考えにしがみついてきた”と付け加えた。

中国の経済指標が低迷し17年ぶりの低い伸び率に!市場の予測値も大きく下回りました 中国の経済指標が低迷し17年ぶりの低い伸び率に!市場の予測値も大きく下回りました Reviewed by Admin_HeavytN on 8月 16, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.