SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国、どの品目が厳格化されるか分からず錯乱!ホワイト国除外10日前

韓国ホワイト国削除10日前の日だ。韓国がそのことを錯乱状態になりながら報道している。何しろホワイト国削除でどの品目が厳格化の対象になるかが分からないからな。わざわざ特別サイトまで作ってるようだ。韓国はそれよりも今は日本語圏での情報規制に最も力を入れているような雰囲気がある。

(ソウル=聯合ニュース)日本が韓国を白色国(ホワイトリスト)から除外する輸出貿易管理令の改正案施行日が10日後に迫ってきた。

ここで米中貿易問題が長期化しているうえ、世界貿易機関(WTO)の発展途上国の地位を置いて、米国がますます圧迫の強度を高めるなど、韓国を取り巻く通常の環境がますます悪化する状況である。

政府は、企業が受ける影響を最小限に抑えるため、輸出対応支援に総力を傾けている。

業界も代替輸入先の発掘、コア技術の国産化など乗り出したが、相次ぐ悪材料により不確実性が大きく、企業活動に苦情を吐露した。

18日、政府と業界によると、日本は7日、自国の白国で韓国を除く輸出貿易管理令の改正案を公布し、20日後の28日から本格的に施行される。

最近輸出規制の適用対象であるフォトレジストの大(對)韓国の輸出を可能にするにはしたが、韓国政府の継続した対話の提案を拒否するなど、全体的な基調には変化が見られないことに基づいて改正案は、予定通り実施されるものと思われる。

韓国が日本の白国から除外されると、戦略物資非敏感品目は包括許可で、個々の許可対象に転換される。 キャッチオール(catch all)規制に基づいて非戦略物資も武器に転用されることができる項目は、個々の許可を受けなければならできる。

半導体材料の3つの項目を指定して規制していた最初の措置とは異なり、いくつかの項目がどのように規制を受けるかを正確に知ることができない状況だ。

戦略物資管理院は14日、“日本の規制を正しく知る”サイトに企業が日本の輸出規制の影響を受ける項目を検索することができる機能を新設した。

輸入しようとする物品を検索ボックスに入力すると、その項目が制御リスト(戦略物資のリスト)、監視対象(watch list)項目、キャッチオール規制対象に属しているか知ることができる。

監視対象品目は、兵器材料に転用される可能性が大きい項目リストをいう。

監視対象品目とキャッチオール規制対象品目は、無条件個別許可を受けなければならわけではなく、経済産業省が許可を受けるように通知したり、輸出がその品目が懸念用途に使用されるという事実を知ったときにのみ許可対象となる。

な。ホワイト国削除が10日後に迫ってることを、聯合ニュースが報道してるんです。こんな基本的な記事でさえも日本語では読めなくなってしまったんだ。

というわけで管理で影響を受ける当事国の韓国だけが夏休みに入る間もなくを錯乱状態になっていると考えればいい。何やら厳格管理対象になる品目を検索できるサイトまで用意してるそうじゃないか。
韓国、どの品目が厳格化されるか分からず錯乱!ホワイト国除外10日前 韓国、どの品目が厳格化されるか分からず錯乱!ホワイト国除外10日前 Reviewed by Admin_HeavytN on 8月 19, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.