SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

10日間で、1500億円も資金が韓国から抜けたんです!りした1ドル=1222.20ウォン

前日の介入らしき動きで安心してしまったのか知らないが、1日としないうちにウォンが落ちてきてしまった。昨日は1,209からずるずると1,218まで下落が進んだ。再び1,220ラインを割り込む可能性が出てきている。韓国銀行がいくら介入しても外資に売り場を与えるだけのような流れになってきた。


13日のKOSPI(韓国総合株価指数)市場で外国人投資家は10営業日連続の売り越しとなった。8月に入ってすべての営業日で売り越しだ。昨年10月の暴落相場以降では最長記録となる。この期間、外国人が抜いた資金は1兆7530億ウォン(約1540億円)にのぼる。今後も売りが続くかどうかが注目される。

KOSPIはこの日、前日比0.85%下落した1925.83で取引を終えた。米中貿易問題が激化する中、米国の10年国債の利回りが落ちて景気沈滞の懸念が続いた。

このようにグローバル悪材料が連日続く中、韓国株式市場の好材料は何もなく“セルコリア”は続くと予想される。最近の4-6月期の業績発表は悪影響をさらに拡大した。利益減少率だけを見ると通貨危機以降で最大だ。

しかし外国人の売りが続いた期間、アジア新興市場も同時に値下がりした。この日、香港ハンセン指数は2.1%、上海総合指数は0.63%下落した。

NH投資証券のノ・ドンギル研究員は“7月末から流出した外国人資金はほとんどが指数を追従するパッシブ性の資金”とし“韓国だけの問題でなく新興国市場全般の問題だが、最近は米中貿易問題が激しくなり、リスク資産回避心理がさらに浮き彫りになった側面がある”と説明した。

一方、韓国ウォンは前日比6ウォン値下がりした1ドル=1222.20ウォンで今年の最安値となった。これは2016年3月2日(1ドル=1227.5ウォン)以来3年5カ月ぶりのウォン安ドル高。

中国はこの日、人民元を0.16%切り下げした1ドル=7.0326元と告示した。速度調節はしたものの、依然として低く評価している点は負担だ。この発表の直後、外国人はKOSPI市場で売りの規模を増やした。人民元と同調して動く韓国ウォンが値下がりし、外国人の売りも拡大している。

昨日の最安値は1,222台だが、前日の最高値1,206から考えれば急激なウォン安だ。韓国はもはや外資の売り手を防ぎ切れなくなっていると考えればいいだろう。

株が売られてウォンも安くなっている。本来であればウォン安は輸出中心の韓国にとってはプラス材料なんだが、あまりに急激すぎるというのとキャピタルフライトの性格があるので悪材料にしかならないということだ。中国でも似たようなことが起きてるよね。




10日間で、1500億円も資金が韓国から抜けたんです!りした1ドル=1222.20ウォン 10日間で、1500億円も資金が韓国から抜けたんです!りした1ドル=1222.20ウォン Reviewed by Admin_HeavytN on 8月 15, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.