SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

積層セラミックキャパシタ(MLCC)!まさに韓国産業界の急所であり、フッ化水素を上回るレベルの切り札というわけだ



具体的には積層セラミックキャパシタ(MLCC)という聞きなれない戦略物質が禁輸のターゲットにされると言われていて、この部品は日本が世界市場のほぼすべてを独占していることに加え、自動車やスマホにテレビなど多くの電化製品に共通して使われることが分かっている。まさに韓国産業界の急所であり、フッ化水素禁輸を上回るレベルの切り札というわけだ。

日本の経済報復が半導体・ディスプレー分野を超え、自動車・機械産業に広がるという懸念が大きくなっている。日本政府がすでに韓国主力業種と代表企業の“急所”を把握する作業を終えたという観測が提起され、関連業界は台風前夜の緊張感に包まれている。



16日の業界によると、自動車のパワートレイン(エンジン・変速機などの動力伝達装置)に使われる積層セラミックキャパシタ(MLCC)市場を日本企業が掌握しており攻撃対象になる可能性が大きいという見通しが出ている。MLCCは電力を貯蔵して半導体などの部品が必要とするだけ供給する“ダム”の役割をする。自動車だけでなくスマートフォン、テレビ、家電などほとんどすべての電子製品に使われており、半導体とともに“産業のコメ”と呼ばれる。

自動車のパワートレインにはMLCCの中でも高仕様の製品が使われる。内燃機関車のパワートレインには400~600個、電気自動車には3000個程度のMLCCが使われる。自動車の電装化が急速に進み需要はさらに急増している。電気自動車1台にはパワートレインを含め1万5000個以上のMLCCが使われる。スマートフォンの1000個、テレビの2000個などに比べはるかに多い。サムスン電機が中国・天津に自動車電装用MLCC工場を作っているのもこうした需要のためだ。

自動車のパワートレインに使うMLCCは日本の村田製作所とTDKが世界市場を独占している。村田製作所本社前のホテルには世界から駆けつけた購買担当者が陣を敷いているという話が出るほどだ。業界関係者は“パワートレイン用MLCCは村田製作所とTDKが世界市場の100%を占めており代替が難しい。日本が韓国の自動車メーカーを狙って輸出を規制すれば打撃は避けられない”と話す。

自動運転車の核心装備である超精密カメラに使われる光学レンズの基本技術も日本が保有している。韓国投資証券リサーチセンターが最近出した報告書“日本の輸出規制と市場”によると、現代自動車は水素自動車に使われる科学素材を、双竜自動車とルノーサムスン自動車は核心部品である変速機を日本から輸入している。

機械業界も緊張している。サムスン証券が関税庁の昨年の統計を分析した結果、韓国の特殊目的機械と一般目的機械産業の対日依存度(全輸入のうち日本からの輸入割合)はそれぞれ32.3%と18.7%だった。サムスン証券のユ・スンミン投資戦略チーム長は“近い将来日本が追加制裁を通じて韓国に対する圧力レベルを高めるだろう。半導体に続き自動車と機械が次のターゲットになる可能性が大きい”と予想した。

積層セラミックキャパシタという部品こそが止められると本当に困ると言われ始めている。サムスンがこの前話していたのもおそらくこの件が視野に入っていたんだろう。

これまで無風だったヒュンダイにもついにパーフェクトストームが押し寄せることになるね。サムスンは自動運転の分野でも世界シェアを狙おうとしているがそれも不可能になる。韓国の産業全体にわたる包括的な経済制裁が可能になるだろう。

我々のような一般人には予想もつかない切り札が他にもあるのは確実だな。フッ化水素の次はMLCCか。その後にどれだけ多くの戦略物資が出番を待ちわびているか想像もつかないね。

それに、サムスンは、日本製以外のフッ化水素を使えるかどうか実験してるみたいです!これで成功すれば、半導体については心配がいらないってことですか?

サムスン電子が日本の半導体材料の輸出規制強化に対応するために代替製のテストに着手したと伝えられた。日本経済新聞はサムスン関係者の言葉を引用して“サムスンが半導体工場で新しい材料を試す際に使用するラインに、日本以外のメーカーのフッ化水素を投入し試験を始めた”と17日、報じた。

あわせて同紙は“中国や台湾、韓国のメーカーの製品とみられる”とし“韓国の半導体業界の日本離れにつながる可能性もある”と付け加えた。対抗措置が日本産業界にもブーメランとして返ってくるおそれがあるという懸念がにじんだ分析だ。

日経によると、サムスンが実際に日本製以外の材料調達するかの判断は2~3カ月かかる見込みだ。これに先立ち16日、共同通信は中国メディアを引用して“化学原料メーカー浜化集団(山東省)が韓国の一部半導体メーカーからフッ化水素を受注した”と報じた。

それに、半導体業界ではフッ化水素やレジストを変更することはイレギュラーだそうです。歩留まりが悪くなるので、細かい変更も嫌がるって言われてます!
積層セラミックキャパシタ(MLCC)!まさに韓国産業界の急所であり、フッ化水素を上回るレベルの切り札というわけだ 積層セラミックキャパシタ(MLCC)!まさに韓国産業界の急所であり、フッ化水素を上回るレベルの切り札というわけだ Reviewed by Admin_HeavytN on 7月 17, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.