SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国サムスン“フッ化水素在庫確保の報道はうそだ”!報じた追加物量確保は事実でない

政府広報メディアの聯合ニュースはもうソースとして採用することは未来永劫ないだろう。

サムスンが日本出張でフッ化水素の在庫を確保したという信じ難い報道が流れていたが、当のサムスンがそのことを否定したそうだ。ハンギョレの韓国語版で報道されている。日本語では否定報道がなかったため単なる世論対策か株価対策の類だろうと捉えられている。パニック状態だな。

サムスン電子が日本輸出規制長期化に備えて半導体・ディスプレー関連総体的対応戦略を立てることにした。

<聯合ニュース>が報じた追加物量確保は事実でない、とサムスン側は明らかにした。

14日、財界の取材を総合すれば、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長は日本出張から帰国した翌日の去る13日、緊急社長団会議を開いて日本の半導体素材輸出規制に対応する方案を議論した。

最近、李副会長が日本出張の際、緊急物量を確保したという<聯合ニュース>報道は事実でないというのがサムスン電子の立場だ。

<聯合ニュース>はこの日“最近、輸出規制対象に上がった3品目の緊急物量確保に成功した”として “李副会長が日本企業等と会って3品目の海外工場物量を迂回輸入したり他の調達処を確保できる”と報道した。

しかし、サムスン電子高位関係者は“李副会長は社長団会議で懸案を確認し、非常事態に備えるよう指示した部分は正しいが、日本出張で新規契約を得たり追加物量を確保したのではない。第三国で迂回する方案も聞いたことがない”と言った。

発端は聯合のフェイクニュース、黒井さん、大変です!“サムスンが何らかの形で、在庫を確保したみたいです”。

【ソウル聯合ニュース】日本による半導体材料などの対韓輸出規制強化の解決策を探るため訪日した韓国・サムスングループの事実上の経営トップ、李在鎔(イ・ジェヨン)サムスン電子副会長が規制対象の3品目の在庫を確保したようだ。複数の財界関係者が14日、明らかにした。

規制対象の3品目はスマートフォンの画面などに使うフッ化ポリイミド、半導体基板に塗るレジスト(感光剤)、半導体洗浄に用いるフッ化水素。確保した在庫の数量やルートなどは具体的に確認されていないが、しばらくは生産に支障がない水準とされる。

一方、別の財界関係者は“緊急に在庫を一部確保したからといって、根本的な解決にならない”と指摘。今後、日本の輸出規制が拡大する可能性もあり、李副会長はこれに備えたプランを立てるよう指示したと伝えた。

迂回輸入するのではないか、と言われてます。

【ソウル時事】日本政府による韓国向け半導体材料などの輸出管理強化をめぐり、韓国の聯合ニュースは14日、先に訪日したサムスングループの経営トップ、サムスン電子の李在鎔副会長が、対象となったフッ化水素など材料3品目の “緊急物量”確保に成功したと報じた。

“既存の在庫量と合わせ、当面、生産への深刻な障害を防ぐことができる水準になる”という。

ただ、“追加で確保した物量がどの程度か、どのような経路で確保したかなどについては具体的に確認されていない”とも伝えた。

日本の素材メーカーの海外工場からの迂回(うかい)輸入で合意したり、他の調達先を確保したりしたのではないかと推測されている。

韓国大統領府高官は14日、李副会長の訪日結果についてサムスン側と協議する計画があるかどうかは“適切な時期に話す”と記者団に述べるにとどめた。

パルプンテを唱えたら全員にザオリクがかかったようなものだな。それくらい意味不明の報道だ。

高純度フッ化水素は日本でしか生産できないと知ってたらこういう訳の分からない解釈はつけないよな。つまり記事を書いてるのはこの問題について昨日触れたばかりのような素人ってことだ。


韓国サムスン“フッ化水素在庫確保の報道はうそだ”!報じた追加物量確保は事実でない 韓国サムスン“フッ化水素在庫確保の報道はうそだ”!報じた追加物量確保は事実でない Reviewed by Admin_HeavytN on 7月 15, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.