SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

サムスン「台湾製のフッ化水素使うわ」

官民、昨年から日本素材対策模索。

韓国政府と半導体・ディスプレイ業界が日本政府の核心素材輸出規制の可能性を予想し対策を設けてきたことが分かった。

一部の素材は需給に問題が発生しないことができる方案を確保した。

これと共に、コア材料を国内で直接生産するためのプロジェクトも進行していることが確認された。

これにより我が国の核心産業である半導体とディスプレイを狙った日本の経済報復カード余波を最小限に抑えることができるか注目される。また、今回の事態を契機に日本の素材への依存度を下げなければならないという声も高まって“脱日本の素材”の動きが加速すると予想される。

2日、業界によると国内の半導体及び素材産業は、日本でフッ化水素の輸出が中断される可能性に備え対策を用意したことが分かった。

“日本政府が韓国との外交関係の悪化で昨年からフッ化水素供給中断の可能性を言及、国内の大企業は他の需給経路を確保したと聞いている”とし“日本での輸出停止を考慮し、台湾からフッ化水素を供給を受けることにした状況”と伝えた。

韓国人“台湾が親日になるのは当然だね”。

しかし、元サムスン電子社長“サムスン半導体が滅びる2のシナリオ、25年ぶりに現実のものとなった”。

1994年11月、忠清南道牙山市の道高パラダイスホテル。

当時、サムスン電子メモリー半導体事業部長だったチン・デジェ専務が、核心幹部との戦略会議を開いた。

テーマは、“サムスン半導体が滅びる2のシナリオ”。

第一は、米国の半導体強者インテルがメモリ事業に飛び込む、第二は、日本が韓国牽制のために半導体製造装置の韓国の輸出を禁止する法律を通過させることだった。

仮想シナリオだったが、これを見た幹部たちの表情が固まった。ある役員は、“考えただけでも胸がドキッとした”とした。

当時、会議を主宰していたチン・デジェ(67年令)元サムスン電子社長(現スカイレイク・インベストメント会長)は3日、本紙のインタビューで、“25年が過ぎた今、当時予想した日本の輸出禁止のシナリオが現実化されたという事実が非常に驚くべきことであり残念だ”とした。

日本経済産業省は、今月4日から、半導体・ディスプレイの核心素材3種(フッ素ポリイミド、フォトレジスト、フッ化水素)の韓国輸出規制を強化する“経済報復”措置を断行した。

これに対してチン会長は、“韓国が最も誇りに思っている半導体・ディスプレイに困難を与えようという考えで、長年の研究の末、対日への依存度が高い3つの素材を選定しているようだ”とし、“これまでに(前例が)ない驚くべきことに、かなりの致命打を飛ばした”と話した。

さらに会長は、“我々が素材の国産化に取り組むとしても、少なくとも1~2年はゆうにかかり、永遠に代替ができないこともある”とし、“サムスン電子やSKハイニックスが在庫に持ちこたえることができる時間は、1~2ヶ月程度であろう”とした。
サムスン「台湾製のフッ化水素使うわ」 サムスン「台湾製のフッ化水素使うわ」 Reviewed by Admin_HeavytN on 7月 06, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.