SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

中国、北京市内のサムスン・現代自動車の看板、真夜中にすべて撤去


韓国企業が所有・管理していた北京長安街のサムスン・現代自動車の看板すべてが去る29日深夜、事前の通知や補償の約束もなく、北京当局によって奇襲撤去された。
習近平中国国家主席が日本の大阪での主要20カ国(G20)首脳会議で、各国首脳に「海外企業の公平な待遇」を約束し、米国に向けて「平等と相互尊重に基づいた貿易交渉」を要求しつつも、現実には外国企業との契約を一方的に無視する中国の素顔をそのまま表わしたものである。

北京市傘下の公企業が動員した300〜400人の撤去班は、29日午後10時ごろから翌日明け方まで大型クレーンや溶接機などを動員し、長安街東西側に残っていたサムスン電子と現代・起亜自動車の看板兼バス停120以上をすべて撤去した。

先に北京市側は昨年7月に長安街中心部の70個のサムスン電子、現代・起亜車の看板を深夜に軍事作戦のように強制撤去した。

この看板は、韓国企業IMSが2025年までに運用できると北京市公企業と契約した状態だ。
昨年の1次撤去後、IMSは損害賠償を求めてきたが、北京市側は予告なく、今回残りの看板さえすべて取り外してしまったのだ。

一方的な撤去の理由は「景観のアップグレード」と推測されるだけで、当局は何の説明もなかった。

この看板は、バスの停留所を兼ねた施設で、韓中修交20周年の2012年からサムスン電子と現代・起亜車の広告を載せてきた。

中国抗日戦勝70周年パレードが行われた2015年、北京市が「パレードに合わせて看板をアップグレードしてほしい」と要求し、IMS側が数十億ウォンをかけて改装までした施設である。

当時北京当局は、2017年末に終了予定だった広告契約を2025年12月まで延長した。
中国のサード報復がピークだった2017年も、北京の中心街で韓国代表ブランドを広告する役割をしていた。

北京当局の一方的な撤去によって、IMS側は広告中断による賠償などを含め、数百億ウォンの損失が避けられないことが分かった。

駐中韓国大使館の関係者は30日、「北京市と中国商務部に『該当の韓国企業は契約に基づいて投資したもので、このように一方的に撤去されたら企業の困難が大きい』という点を強調しつつ、補償問題の解決を数回要請したが、『意見を伝えておく』『関心を持つ』という反応をするだけで、これといった対策を出さない」と述べた。

ある同胞消息筋は「表では習近平は全世界を相手に『中国市場での公正な処置をする』と約束したが、裏では中国の公企業が海外企業と結んだ契約も紙のように無視して後頭部を殴るのが中国の現実」と述べた。

習近平主席は28日、大阪G20首脳会議の世界経済情勢と貿易問題に関する演説で、「市場の追加開放、輸入自主拡大、企業の経営環境の改善、全面平等待遇、大々的な経済貿易交渉の推進」など5大約束を出した。
中国、北京市内のサムスン・現代自動車の看板、真夜中にすべて撤去 中国、北京市内のサムスン・現代自動車の看板、真夜中にすべて撤去 Reviewed by Admin_HeavytN on 7月 03, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.