SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

クジラの通り道にわざと網を仕掛けてクジラの死を放置する韓国、これでは日本に抗議出来ない‥

乱暴な混獲で数を減らしているミンク鯨は「海のロト」と呼ばれ、混獲クジラの肉流通が縮小、禁止されない場合は対米水産物の輸出が禁止される。

韓国は米国に水産物を輸出している国の中で、海洋哺乳類の混獲の危険性が'高い'に分類された数少ない国です。 国内で混獲・座礁したクジラ類の数は、国際捕鯨委員会(IWC)に混獲関連資料を提出する国々の平均の100倍に達します。

19日、国会議員会館で開かれた「国内海洋哺乳類保護および不法・非表示・規制(IUU)漁業根絶案と、米国海洋哺乳類保護法の改正による国内への対応論議」の討論会で、国際環境団体の環境正義財団のキムハンミン運動家は「IWCに韓国が報告した2014年鯨類混獲数は1835頭だが、他の10カ国平均は19頭」だったとし、このように述べた。

また「国内の鯨類混獲に対する報告体系が世界最高水準によく整っているとしても高すぎる」とし「混獲した鯨を売って食べられるためにもたらされた側面もある」と付け加えた。

国内では確認されただけでも、年間2000頭近いクジラ類が混獲で犠牲に成っている。特に、定置網や刺し網など、網を使用する漁業で多くの混獲が発生しており、このような方式で漁獲した水産物は、対米輸出の道が閉ざされるのはもとより、今後欧州への輸出にも影響されかねない。

西南海岸に主に生息するスナメリは毎年1000頭以上が犠牲になっていて、韓国の海に残った唯一のヒゲクジラのミンククジラも毎年80頭あまりが犠牲になっている。

特に国内で捕鯨が禁止されたが、混獲・座礁した鯨肉の販売と流通は禁止されておらず、ミンク鯨の場合「海のロト」というニックネームまで付けられたほどだ。 一部の漁民は、クジラの移動経路を把握し、意図的な混獲で大きな収入を得るという疑惑も提起されている。

討論会では、日本政府が来る7月からIWCを脱退して捕鯨を再開することにした点も国内鯨類保全に赤信号になるという見方が出た。特に韓国、日本、ロシア近海を行き交うミンク鯨は、日本捕鯨再開の直撃弾を受けかねない。

しかし、混獲されたミンク鯨の販売を許可している国内の実情を考慮すれば、日本がミンク鯨を濫獲しても、抗議は難しいかもしれない。 討論会に参加した専門家と市民団体の活動家の大半は,混獲された鯨肉の流通を禁止するか,段階的に縮小しなければならないことに同意した。

海洋水産部(海洋部)は、クジラの脱出が可能な漁具を開発し、漁民を説得するなど米国の海洋哺乳類保護法改正に対応しているが、まだ力不足というのが現実だ。

海水部のキム・ヒョンテ国際協力総括課長は「先月訪韓した米国国立海洋大気庁関係者が"韓国政府は対米輸出にだけ気を使うが、米政府が神経を使うのは水産物ではない海洋哺乳類をどう保護するのかという点"と皮肉った」と紹介した。
クジラの通り道にわざと網を仕掛けてクジラの死を放置する韓国、これでは日本に抗議出来ない‥ クジラの通り道にわざと網を仕掛けてクジラの死を放置する韓国、これでは日本に抗議出来ない‥ Reviewed by Admin_HeavytN on 7月 06, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.