SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国サムスン電子の現状!様々な方面からの逆風が吹く中で


韓国サムスン電子の第2四半期(4〜6月)の利益が前年同期比で半分以下に減少したと報じられています。同社は半導体やハイエンドスマートフォンを製造していますが、世界的な業界の低迷と貿易摩擦により需要が大幅に鈍化したかっこうです。

サムスンは第2四半期の営業利益が、メモリ(DRAM・ナンドフラッシュ)不況と予想に及ばなかったギャラクシーS10の販売などで、6兆5000億ウォンの営業利益をあげるのにとどまり、実績不振の沼から抜け出すことができなかった。 前年同期比で56%減。この数字は市場予想よりは小幅に留まっています。

特にアップルがアイフォンの販売不振で、当初予想した有機発光ダイオード(OLED)パネルの購入量に達せず、5000億~9000億ウォンほどの補償金を与えたと推定されるが、これを除けば、事実上、第1四半期(6兆2300億ウォン)より劣った営業利益を収めたものと見られる。第3四半期の営業利益は、第2四半期より8000億ウォン前後増加するという見通しが出ているが、サムスン電子内部では危機感が高まっている。

売上は前四半期(52兆3900億ウォン)より6.9%増加したものの、前年同期(58兆4800億ウォン)に比べて4.2%減少した。営業利益も第1四半期より4.3%増加したが、昨年の第2四半期に比べて56.3%減少した。第2四半期の営業利益は歴代最高だった昨年の第三四半期(17兆5700億ウォン)に比べれば、3分の1水準だ。

同日発表された証券会社の試算値を総合すると、サムスン電子の半導体部門は、今年の第2四半期に3兆3000億ウォン程度の営業利益をあげたものと推定される。これは、第1四半期に比べて19.9%、昨年の第2四半期と比べると、71.6%減少した数値だ。携帯電話・通信(IM)部門は、ギャラクシーS10の販売が予想より悪く、第1四半期より25.1%減った1兆7000億ウォンの営業利益をあげたものと推定される。

第一四半期に5600億ウォンの赤字を出したディスプレイ部門はOLEDパネルを採択するスマートフォン製造会社の増加や一過性の収益(アップルから受け取った補償金)などで、第二四半期に8000億ウォン程度の黒字を出したものと見られる。TV・家電(CE)部門の実績も、第一四半期より改善されたものと見れる。

業績回復の速度が遅い上、日本の半導体・ディスプレイ核心素材の韓国輸出規制、米中貿易紛争による不確実性などで事業環境が悪化した状態だからだ。

特にサムスンの主力製品であるメモリーチップはPCからスマートフォンまで搭載されており、米トランプ政権が5月に対中追加関税を発動してから最も打撃を受けている部品の1つ。

さらに、日本が韓国向け半導体素材の輸出管理を強化したことで、先行きの懸念はいっそう高まっています。

米政府による中国ファーウェイへの事実上の禁輸措置はサムスンに恩恵をもたらすとの観測もありましたが、すでに制裁の緩和は発表済み。

さらに、昨年の第四四半期からグローバル情報通信技術(ICT)会社の投資の遅れなどで続いているメモリー需要・価格の下落の影響が大きい。DRAMエクスチェンジによると、昨年12月に7.25ドルだったDRAM価格(DDR4 8Gbの固定取引)が6月に3.31ドルになり、54.3%も下落した。

様々な方面からの逆風が吹く中で、同社がどのように巻き返しを図るかを見守りたいところです。

このような状況から、ネット上では “サムスンはもう衰退する”の声まで出ている。

しかし、 “大きな流れの中で言えば、サムスンはわれわれが想像しているほど軟弱ではない”。

韓国におけるサムスンの地位が非常に高く “サムスンが倒産すれば、韓国経済の半分が失われることになる”と言われるほどだと紹介。

 “韓国がサムスンを倒産させたりしないし、米国もそうならないよう仕向けるはずだ。そして、アジアの多くの国がサムスンと深く結びついており、サムスンに大きな問題が生じれば中国を含むこれらの国にも影響が及ぶことになる”。

今や経済はグローバル化の時代であり、大企業の経営不振は一国の国内経済問題では済まされない状況にあることを伝えた。

状況を解決するために、イ・ジェヨン、サムスン電子副会長が日本出張に行きます。副会長は、日本で直接現地の経済人たちとの出会いを持つことになります。出国は早ければ7月8日行われる見通しです。

サムスンは先代のイ・ビョンチョル会長時代から日本の財界と着実に疎通してきたと評価を受けており、この副会長も昨年だけで2回以上、日本を訪問しています。

最近、副会長はサムスン電子の半導体部門の幹部と数回対策会議を開き、日本出張の計画を検討していたことで知られました。

今回の出張は日本政府の半導体材料の輸出規制による波及が予想よりも深刻であるという判断によるものと解釈されます。

この問題についてどう思いますか。以下にコメントを残してください。

韓国サムスン電子の現状!様々な方面からの逆風が吹く中で 韓国サムスン電子の現状!様々な方面からの逆風が吹く中で Reviewed by Admin_HeavytN on 7月 08, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.