SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

ロシアが日本より高品質なフッ化水素の供給を韓国に提案!ロシアの“フッ化水素”で日本製品代替?

ロシアが日本政府の輸出規制対象品目である高純度フッ化水素を韓国企業に供給できるが。

日本の半導体核心素材“輸出規制”措置と関連し、ロシアが韓国政府に、いわゆる“エッチングガス”と呼ばれるフッ化水素の供給を提供する可能性について、半導体業界は“慎重に見守る必要がある”と保守的な立場を示した。

既存で運用していた工程に適した素材なのか、品質テストを経なければならないが、このプロセスに少なくとも1ヶ月程度かかると予想され、短期的な解決策になるのも難しいというのが業界の共通の視点である。

12日、政府と業界などによると、ロシアは最近、外交ルートを通じて、自国で生産したフッ化水素を韓国企業に供給することができるという意思を韓国政府に伝えたことが分かった。

フッ化水素は半導体製造工程に数回使われる材料で、回路を所望の形状どおりにエッチングする工程に使われるもので、“エッチングガス(Etching Gas)”とも呼ばれる。

ロシア側は、自分たちのフッ化水素が日本製品より純度が高く、さらに高品質であることを強調したと伝えられる。

韓国貿易協会によると、今年1月から5月までのフッ化水素の国別輸入割合は、日本が43.9%で最も多く、中国46.3%、台湾9.7%、インド0.1%などである。

去る10日、大統領府でムンジェイン大統領の主管で開かれた経済懇談会でも、一部の参加者が、化学の分野に強みがあるロシア、ドイツとの協力拡大を検討しなければならないと発言したことが分かった。

これに対して政府と与党は、半導体材料の輸入先の多角化の観点から肯定的に評価する雰囲気だ。

チュミエ共に民主党議員も同日、国会で直接主催した討論会で、ロシア産のフッ化水素代替供給の可能性が挙げられていることと関連し、“ムン政府の北方政策の成果”と自評した。

しかし、サムスン電子、SKハイニックスなど国内の半導体企業は、公式立場を自制しながらも、“私たちの企業には連絡がなく、確認していない”とした。

半導体業界のある関係者は“ロシア側がフッ化水素の供給を提案したからといって、実際に私たちの企業がそれを日本製品の代替材として使用できるかは別の次元の話”と慎重な態度を見せた。

これは、外部の汚染や材料の安全性などが100%担保されなければならない半導体製造工程上の特徴である。

原材料のシリコンウエハ投入から完成品の生産までの半導体工程は、平均600以上に分類される。

この中でフッ化水素が使用される工程は、使用されている製品群ごとに異なるが、数十回に達している。

特に半導体回路が薄く微細でナノ単位の“超微細工程”に該当する製品であるほど、エッチング用フッ化水素の高純度が不可欠である。

実際、サムスン電子とSKハイニックスなどは、日本のほか、国内企業からフッ化水素をいくつかの供給されているが、国内産は工程の初期段階に使われていて、100%レベルの超高純度フッ化水素は全量日本産に依存しているものと伝えられる。

イジェヨン三星電子副会長が去る7日、日本に急出張したのも、数週間程度の在庫しか残っていない高純度フッ化水素の確保が最大の目的であると分析される。

さらに数十種の化学物質を使用する半導体プロセスでは、同じ素材であっても、温度、湿度などの外部環境によって物質の特性が変化した場合、工程上で汚染が発生することもある。

半導体が生産されている施設を“クリーンルーム”と呼ぶのも、恒温・恒湿を介して外部汚染源搬入を徹底的に防ぐためである。

既存の他の品質の材料を量産工程に導入するためにも厳しい品質テストを経なければならない。

半導体業界の専門家は、“機器と材料の品質テストには少なくとも1ヶ月から6ヶ月に達するほど完璧に近く進行されなければならない”とし“すぐ量産に投入できる日本産フッ化水素も不足している状況で、代替材としてロシア製品のテストまですれば時間的負担が大きい”と述べた。

私たちの半導体企業がこのように“保守的”な立場をとるのは、今後発生する可能性のある製品の安全性と品質の議論を意識したものでもある。

工程上のミスや汚染製品で問題が生じた場合、半導体企業はリコールや顧客からの信頼の低下など困難を経験することがあるという指摘だ。

過去サムスン電子の場合も、10ナノサーバーDラムをアマゾンに供給し、製品の不良が発生してクレームを受けたことがある。

イジュワンハナ金融研究所研究委員は、“半導体企業は新しい素材や材料を工程に適用するのに保守的になるしかない”とし“品質問題が発生し、顧客から苦情を受けた場合、業界の信頼性の低下にまでつながる可能性がある”と述べた。

別に韓国でも高純度のフッ化水素は開発できる技術はあるよ環境汚染とか環境負荷を考えて造っていないだけだし。

過去に韓国はフッ化水素酸作ろうとして大規模な事故を起こしていた。2012年に大韓民国慶尚北道亀尾市の化学工場で発生した、強い毒性と腐食性を持つ液体フッ化水素酸の漏出事故である。
ロシアが日本より高品質なフッ化水素の供給を韓国に提案!ロシアの“フッ化水素”で日本製品代替? ロシアが日本より高品質なフッ化水素の供給を韓国に提案!ロシアの“フッ化水素”で日本製品代替? Reviewed by Admin_HeavytN on 7月 13, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.