SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

SKマテリアルズ、フッ化水素の韓国産化に着手!「年末までにサンプルを生産できる」



SKグループ企業のSKマテリアルズとやらが高純度フッ化水素の量産のための投資を始めるという。だが量産化のためのサンプル生産でさえ今年末までかかるそうだ。つまり日本の規制による在庫切れには間に合わない。

韓国SKグループが半導体製造に使われる高純度フッ化水素(エッチングガス)の国産化に入った。今月初め、日本政府の韓国向け半導体材料の規制に対するグループ次元の対応という解釈だ。

SKグループ系列会社であるSKマテリアルズ関係者は25日、“高純度フッ化水素の量産のための投資に出ることにした”とし“今年末までにサンプルを生産する計画”と明らかにした。この関係者は“まだ具体的な投資規模などは確定していない”とし“慶尚北道栄州(キョンサンブクド・ヨンジュ)や蔚山(ウルサン)、清州(チョンジュ)工場のうち1カ所に設備投資をする方向で検討中”と伝えた。

SKマテリアルズは半導体ディスプレーパネルの製造に使われる特殊ガスを生産する会社だ。SK(株)が株式の49%を所有している。昨年の売り上げは6873億ウォン(約631億円)だ。

SKマテリアルズが開発に入ったフッ化水素は高純度製品だという。フッ化水素は半導体製造時、シリコンウェハーの異質物を除去する工程に使われる核心材料だ。韓国のフッ化水素輸入量の41.9%が日本産だ。99.999%以上の高純度フッ化水素は90%以上を日本からの輸入に頼っている。

業界では日本政府のフッ化水素規制が長期化する可能性に備えてSKハイニックスを系列会社に置くSKグループが独自に開発に乗り出したという見方が出ている。SKマテリアルズの関係者は“これまで原料となるフッ素を扱ってきて、精密ガス技術力とノウハウを通じて高純度フッ化水素を製造できる基盤を備えた”と話した。

そのSKハイニックスが、今度は減産を宣言したみたいです。これってフッ化水素の在庫を長持ちさせるためですよね?

韓国半導体大手、SKハイニックスは25日、一時6兆ウォン以上を記録していた営業利益は10分の1にまで減少。直前の1-3月期と比べても、営業利益は53%減、売上高は5%減だった。このままでは10-12月期に赤字転落するのではないかとの懸念も示されている。

同社は半導体不況を乗り切るため、主力製品であるDRAMの生産量を10-12月期から削減することを明らかにした。同社のDRAM減産は11年ぶりとなる。

SKハイニックスのDRAM減産にはもはや持ちこたえられないという判断が背景にある。DRAM需要が減少しているにもかかわらず、現在の供給量を維持すれば、売れば売るほど損失が出る状況になりかねないからだ。SKハイニックスは世界のDRAM市場で2位の企業で、シェア30%を占める。3位の米マイクロン(シェア25%)は既に減産を宣言している。首位サムスン電子(シェア40%)も社内で減産を検討しているとされる。

この状況で日本の規制が長期化する兆しを見せており、韓国半導体業界は焦りの色を濃くしている。SKハイニックスは同日、“(日本の輸出)規制が長期化すれば、生産に支障が生じる可能性を排除できないとみて、状況を鋭意注視している”と表明した。

同じ25日に、韓国SKハイニックスは、2019年のNAND型フラッシュメモリー生産を18年実績に比べ15%減らすと表明した。日本政府による半導体材料の規制拡大を受けて、材料を節約する必要があると判断した。4日の規制拡大後、韓国の半導体大手が生産計画を修正するのは初めて。SKはメモリーの製品在庫を2カ月分抱え、同社の顧客に短期的に影響が出る可能性は低い。

同社はフラッシュメモリー単体の損益を公表していないが、18年10~12月期から四半期ベースで赤字が続いているもよう。サムスンや東芝メモリなど競合が多く、厳しい収益環境が続いている。

ただ、車氏は25日、フラッシュメモリー市場に関し“想定より回復のペースが早い。年末にも正常化する可能性がある”と説明した。市況の回復を意識しながら減産幅を調整する。韓国では31日にサムスンもアナリストとの電話会議を予定しており、幹部の(日本の輸出)規制に関する発言が注目される。

韓国の半導体業界関係者によると、SKは規制品目である半導体材料の“フッ化水素”や“レジスト(感光材)”の在庫集めに奔走している。フッ化水素の大手メーカーである日本のステラケミファや森田化学工業と付き合いのある商社に片っ端から接触し、材料在庫の確保を急いでいる。車氏は“材料在庫を積極的に確保している”と述べつつ、詳細な見通しについては“現時点で申し上げるのは難しい”として言及を避けた。

SKによると、フラッシュメモリーの平均単価は今年1~3月期に前の四半期比32%、4~6月期も同25%それぞれ下落した。ただ、(日本の輸出)規制を受けてメモリーのスポット価格は反転しつつあり、韓国市場では“SKの減産拡大は市況が反転する契機になる”(アナリスト)との声もある。

SKマテリアルズの方では、あまり“今年末”に突っ込んでるネットユーザーがいませんでした。国産化は何年もかかると思う、フッ化水素が生産できても管理品目はもっと増える、という雰囲気でした。問題の先送りでしかないね。

SKマテリアルズ、フッ化水素の韓国産化に着手!「年末までにサンプルを生産できる」 SKマテリアルズ、フッ化水素の韓国産化に着手!「年末までにサンプルを生産できる」 Reviewed by Admin_HeavytN on 7月 26, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.