SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

ロシアと韓国でレーダー照射事件の再来か!ロシア軍が声明を発表



ロシアと韓国の間で化かし合いのようになってきたな。まずロシア軍が声明を発表。領空侵犯もなかったと言明しつつ、中国軍との連携を強めていくことを明らかにした。ところが韓国軍の主張はそれとはまったく異なる内容だった。さらには米国の言ってることもおかしいことが分かった。日米韓の安保協力の矛盾を露中が突いてきた構図になるという分析がなされている。

島根県の竹島付近の空域で、韓国軍機が、“領空を侵犯した”として、ロシア軍機に警告射撃を行ったことについて23日、ロシア航空宇宙軍のコビラシュ司令官は、動画で声明を発表しました。

このなかでコビラシュ司令官は、ロシア軍と中国軍の爆撃機が行った警戒監視活動に、A50早期警戒管制機が参加していたことを明らかにしました。

この軍用機について、韓国軍は、韓国が“領空”と主張する空域に入ったとしていましたがコビラシュ司令官は、改めて領空侵犯はしていないと強調し、危険な行為に及んだのは韓国側だと文書で抗議したことを明らかにしました。


そのうえで、“ロシアと中国のパイロットは、日本海上空で互いに3、4キロ離れた隊列を組んで飛行し、高度な技術と結束を示した”と述べ、成果を強調しました。

ロシア政府はロシアと中国が、それぞれアメリカとの対立を深めるなかで、22日、双方の国防省が、軍事協力をめぐる協定の締結に向けて協議を進めていることを明らかにするなどロシア軍は、今後ますます中国軍との連携を深めるとみられます。



ロシアにとっては、韓国の領空侵犯という主張はウソなんですね!むしろ危険飛行したのは韓国だということになってます。これってもしかして、ロシアと韓国で、レーダー照射の時のようなやり取りになるんでし。

何しろ韓国側からこういう記事が出てきてるからな。これが事実ならロシア政府内で分裂が起きていることになる。

記事の内容はロシア政府は同国の軍用機が23日に韓国領空を2回にわたり侵犯したことについて、韓国政府に深い遺憾を表明した。青瓦台(大統領府)の尹道漢(ユン・ドハン)国民疎通首席秘書官が24日、会見で伝えた。

尹氏によると、ロシアの武官が前日に韓国国防部の政策企画官に“ロシア国防省が直ちに調査に着手し、必要な措置を取る”と述べた。同武官はまた、“機器の誤作動で計画していない地域に入ったとみられる。韓国側が領空侵犯の時間や位置情報などを提供してくれれば、事態の解決に役立つ”と話した。今回の飛行は事前に計画された中国との合同飛行演習で、当初の計画通りならこうした状況は発生しなかったはずだと説明したという。

ロシア側は“ロシアは国際法はもちろん、韓国国内法も尊重する。(何かの)意図を持って侵犯したのではない。ロシアは今回の事態と関係なく、韓国との関係が発展することを望む”との立場を示した。

ロシア軍は韓国が言うところの“領空”を侵犯したし、それは挑発などではなく計器のミスだったとしているね。事実関係を明らかにするために韓国側に詳細のデータ提供を求めたそうだ。“ロシアの武官”が誰だかは分かっていない。この話を、韓国政府が伝聞で伝えたというのが、怪しいと思います!韓国がウソをついてると思います。“ロシアの武官”は存在しないんです!つまりロシア本国から情報をもらえてるかどうかは分からない。韓国があまりにも強硬な姿勢で釈明を求めたためにその場しのぎで言っただけなのかもしれない。真相はロシア軍にしか分からないだろう。

一方、アメリカも見解を出したんですか?ソースが愛国日報なのでうそかもしれないけどな。

米国国防総省が23日(現地時間)、ロシアA-50早期警報機の独島(ドクト、日本名・竹島)領空侵犯に対して韓国が警告射撃をしたことに“米国は強力に支持する”と明らかにした。ただし、独島に対する言及は避けたまま日本が航空自衛隊F-15J、F-2戦闘機を緊急発進したことまで合わせて“中露領空侵犯に対する韓日両国の対応を強く支持する”という立場を示した。河野太郎外相、菅義偉官房長官などがロシアの独島上空侵犯を“日本領空の侵犯”と主張した中で日本の対応まで含むものだった。

米国防総省報道官のデビッド・イーストバーン中佐はこの日、中央日報がロシア軍用機が独島周辺の韓国領空を侵犯して韓国戦闘機が300発の警告射撃したことに対して、ペンタゴンの立場を要請したことを受け“米国は同盟である韓国と日本を強く支持して、中国とロシア軍用機領空侵犯に対する両国の対応も強力に支持す”と明らかにした。中露両国が合同警戒飛行訓練を口実に韓国防空識別区域(KADIZ)を無断侵犯したのはもちろん、この中で独島領空にまで侵犯したロシアに対する韓国の対応を支持したわけだ。

イーストバーン中佐は“米国防総省は今回の事件に関して韓日同盟国と緊密に調整しており、両同盟国とロシア・中国が外交チャンネルを通じて後続措置を議論する動きも注目するだろう”とした。彼は“米国の同盟国に対する防御への意志は鉄桶のようだ”と強調した。米国防総省が今回の事件に対して韓日の対応を包括的にひっくるめて立場を出したのは日本の独島に対する領有権主張まで気にして中立的な論評を出したものという解釈がある。

トランプ大統領はこの日、ロシアの韓国領空侵犯に対して直接的な言及は避けた。代わりに、ワシントンで開かれた青少年行事演説でロシアの大統領選挙介入の特検捜査を“ロシア魔女狩り”としながら“これはわが国にとってとても良くないことであり、ロシアを相手にすることをかなり難しくさせた”と話した。また、“ロシアは核強国であり大きな国”として“われわれはこのように作り上げることなくロシアを相手にするべきだ”と話した。

これが事実だとすれば、米国は大きく話を勘違いしているか愛国日報がうそを書いているかのどちらかだ。事実関係を1つ1つ精査してまとめないとおかしなことになりそうだ。下手すると韓国のウソが事実かのように捉えられかねないからな。














ロシアと韓国でレーダー照射事件の再来か!ロシア軍が声明を発表 ロシアと韓国でレーダー照射事件の再来か!ロシア軍が声明を発表 Reviewed by Admin_HeavytN on 7月 25, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.