SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

サムスン電子の要請と違い、フッ化水素の迂回輸入も不可能だと判明!「台湾工場でも日本政府の許可が必要」


サムスンが日本国外からの“迂回輸入”を検討しているようだが、フォトレジストに関しては早くも難しそうだということが分かってしまったという。米国や欧州に工場を持つ東京応化工業の場合では日本政府の許可が結局必要になるからだ。日本本社の支店という形で現地工場を保有してればまず不可能だろう。フッ化水素の場合も同様だと分かった。

日本発の半導体・ディスプレー重要素材の輸出規制が本格化する中、サムスン電子、SKハイニックスなど韓国の主要メーカーが、日本国外の工場から“迂回的に”素材を入手する方法まで検討していることが分かった。

日本政府が輸出規制リストに載せたフッ化水素(エッチングガス)、フォトレジスト(感光液)、フッ化ポリイミドの3点は、韓国の各メーカーが半導体・ディスプレーを生産する上で重要な素材で、最大9割までを日本に依存している。

韓国大統領府(青瓦台)の金尚祖(キム・サンジョ)政策室長が“(日本の)輸出規制品目は、われわれが持っているリストで最も痛いと感じる1番目から3番目までをまさに突いたもの”と語ったように、企業の立場からすると、在庫をできるかぎり積み上げるという方法のほか、さしたる手がない状況だ。

業界が9日に明らかにしたところによると、サムスン電子、SKハイニックスなど半導体メーカーは社内法務チームなどを動員し、日本のほか台湾・シンガポールに生産拠点を有しているステラケミファからエッチングガスを調達できるかどうか、フォトレジストを生産する東京応化(TOK)が米国・欧州など海外に持つ工場から素材を入手できるかどうかなどを検討している。

海外工場の場合、本社の支店という概念ではなく、現地法に基づいて現地企業もしくは政府との合弁といった形式により、別の法人の形で作っているケースもかなりあるからだ。

現在日本を訪れているサムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長は、日本の取引先企業の幹部と会い、こうした迂回案について話し合うだろう-と日本メディアが報じるのも、こうした背景が作用している。

業界のある関係者は“TOKの場合、海外工場を通して迂回方式で輸入してくることは不可能だと確認した。そのほかのケースは、可能なのか、できないのかまだはっきりしない状態”と語った。

ただし、この関係者は“一部の企業がこうした方式を認めたとしても、本質的には、韓国企業への重要素材の輸出を遮ろうとする日本政府の狙いが今回の規制の核心なだけに、日本政府が何らかの形で『防ぎの手』を打つのではないかとみている”と付け加えた。

法曹界でも、“実現の可能性が低い代案”という分析を行っている。法務法人“高友”の高允基(コ・ユンギ)代表弁護士は“海外工場がある現地国で迂回輸出について規制がないかどうか、当該海外工場が輸出する際に本社のコントロールをどの程度受けるのかなどを多角的に検討しなければならない、複雑な問題”と語った。

韓国国内のある大手監査法人の会計士は“独立的な法人の形で工場が設立されていても、韓国の本社が株を保有する形で関係があり、本社が海外法人の株の50%以上を保有して支配していれば、一体とみなして連結会計処理をしている。それだけ難しいシナリオ”と説明した。

半導体メーカーからは、日本の素材メーカーの工場を韓国国内に誘致する案すら持ち上がっている。半導体素材・設備関連の企業事情に詳しいある関係者は“素材の国産化には時間がかかるだけに、当の素材メーカーの工場を韓国国内に誘致することも一案、という主張もある”“サムスン、SKハイニックスが投資して、韓国政府が税制優遇などを与える形にならないといけないだろう”と伝えた。

ただし、これもまた現実にやるには難しいという見方が優勢だ。ある業界関係者は、匿名で“国の根幹となる技術は海外に出せないが、今回の輸出規制品目は半導体・ディスプレーに使われる重要素材である上、日本政府が規制してガッチリ押えている品目なだけに、政府側が認めないだろう”と語った。


韓国がいかに状況を楽観視しているかをもう少し明確に浮き彫りにしたい。

現在のサムスン電子やSKハイニックスは大きく2つにエッチングガスを供給されている。ステラケミファなど日本企業から直接高純度のエッチングガスを輸入し、あるいは韓国にある協力企業が買い入れた一般のフッ化水素を高純度に加工した製品を調達する方式だ。

日本に到着したサムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が日本政府が取り引き規制の対象に含まれた半導体先端素材3つ(フッ化水素・フォトレジスト・ポリイミド)の取引先を探すために東奔西走している。

李副会長は日本羽田空港に到着した直後である7日夜にも取材陣。李副会長が取引先の企業幹部に会って日本以外の工場から韓国に素材調達を要請するだろうと報じた。日本以外に台湾・シンガポールに生産拠点をもつ素材会社ステラケミファから高純度のフッ化水素(HF・エッチングガス)を調達するための目的と見られる。

もっと、他の取り引きの規制品目であるフォトレジスト(PR)を生産する日本現地企業のTOKも李副会長の現地日程に含まれる可能性がある。

しかし、サムスン電子の要請と違い、ステラケミファは現在の日本政府の最終承認を得てこそ台湾などの地域からで韓国にエッチングガスを輸出することができるという立場だと知らされた。


フッ化水素は半導体の製造工程の中で回路の形通りに削るエッチング工程に使われる。IT業界によると、エッチングガスは毒性があって長時間保管が難しい理由に「JIT(Just in time・適時供給)」が必須だ。
サムスン電子の要請と違い、フッ化水素の迂回輸入も不可能だと判明!「台湾工場でも日本政府の許可が必要」 サムスン電子の要請と違い、フッ化水素の迂回輸入も不可能だと判明!「台湾工場でも日本政府の許可が必要」 Reviewed by Admin_HeavytN on 7月 10, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.