SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

米国が韓国に関税…韓国産パイプラインに最大39%賦課!サムスン電子の営業利益比56%減



米国が韓国産のパイプラインに最大39%に達する反ダンピング関税を課すことにした。米中貿易紛争と日本の輸出規制措置で難しい境遇に置かれた韓国の貿易にとって、別の負担になる見通しだ。

30日、業界によると、米国商務省は14日、韓国産のパイプラインの鉄鋼製品に対する反ダンピング関税年次再審で、ネクスチールに38.87%、セア製鋼に22.70%の関税を課すことを決定した。

これ以外の業者は、中間レベルの29.89%に関税率が定められた。昨年よりネクスチールは2.1倍(18.87%)、セア製鋼は1.6倍(14.39%)上昇した。その他のメーカーの関税率も1.8倍(16.58%)となった。

米国は今回の判決で、“特別市場状況”(PMS・Particular Market Situation)を適用した。商務省は輸出企業が自国で販売している通常の価格と、米国の輸出価格差を計算し、ダンピング防止関税率を算定する。

韓国で販売する価格よりも、米国の輸出価格が低い場合には、その差だけを関税として課す式である。

パイプラインは、油田から原油ガスを引き上げるために使う鋼材で、昨年、韓国は約3億5000万ドル相当のパイプラインを米国に輸出した。

パイプラインの輸出業者は、ほとんどが中堅企業であり、米国の関税賦課措置による衝撃が大きいと分析される。業界関係者は、“ただでさえ業況が良くない状況で輸出障壁さえも高まれば、企業としては非常に厳しい状況だ”と吐露した。


その間にサムスン電子は今年第2四半期の売上高56兆1300億ウォン、営業利益6兆6000億ウォンの実績を上げたと31日公示した。営業利益は、前年同期(14兆8700億ウォン)より55.6%減少し、今年第1四半期より5.8%増加した。売上高は、昨年第1四半期(58兆4800億ウォン)に比べて4%減少し、前期比では7.1%増加した。

まず、今年の第2四半期の半導体事業の売上高は16兆900億ウォン、営業利益は3兆4000億ウォンと集計された。メモリー半導体価格の下落傾向が継続され、売上高は昨年第1四半期(20兆7800億ウォン)より減少したが、第1四半期(14兆4700億ウォン)の時より増加した。営業利益は、昨年第1四半期(11兆5500億ウォン)より70.7%急落し、3年余り前の2016年第3四半期(3兆3700億ウォン)以来最も低い水準だった。半導体の営業利益率は21.1%で、2014年第2四半期以降最も低かった。

スマートフォンなどのIM部門の売上高は25兆8600億ウォン、営業利益は1兆5600億ウォンだった。スマートフォン市場の需要萎縮とギャラクシーS10販売鈍化とマーケティング費用の増加などで、第1四半期(2兆6700億ウォン)より営業利益が1兆ウォン近く減少した。昨年第4四半期(1兆5000億ウォン)以後、第2四半期ぶりに再び“2兆ウォン”を超えなかった。

ディスプレイパネル事業の第2四半期の売上高は7兆6200億ウォン、営業利益は7500億ウォンだった。今年第1四半期の赤字(5600億ウォン)で脱した。大型パネルの販売価格は持続的に下落したが、プレミアム製品の割合が拡大したことなどが業績改善の理由で挙げられる。TVなどCE部門の売上高は11兆700億ウォン、営業利益は7100億ウォンだった。プレミアムTV販売拡大で売上高は前期より増加したが、営業利益は減少した。

今年上半期の売上高は108兆5100億ウォンで、昨年上半期より8.9%減少し、営業利益は58%減の12兆8300億ウォンだった。

サムスン電子は今年第2四半期6兆2000億ウォンの施設投資を執行した。半導体分野は5兆2000億ウォン、ディスプレイ5000億ウォンだった。上半期全体で見ると、10兆7000億ウォンだった。


同時期、サムスン電子がソウルブレインが提供する液体フッ化水素を電撃導入する。厳しいことで有名なサムスン電子の社内テストも通過して工程への投入が“秒読み”に入ったとみられる。

30日、半導体業界によると、ソウルブレインは忠南公州工場増設ラインを9月末から本格稼動する。ここで生産されているほとんど(90%以上)の液体フッ化水素追加分がサムスン電子の半導体工程に供給されることがわかった。

ソウルブレインの液体フッ化水素がサムスン電子半導体工程に適しているかをテストするプロセスは、すでに24日終了したことが確認されている。結果は、工程投入が可能な品質であった。サムスン電子が要求する純度を満たしている“合格品”ということだ。

業界のある関係者は、“ソルブレインの製品が最終テストに合格し増設される物量の100%をサムスンが購入同意したことがわかっている”と説明した。

サムスン電子は、今回のソウルブレインの液体フッ化水素テスト、ガスフッ化水素導入を同時に検討したものと推定される。気体フッ化水素供給企業はFoosungなどが挙げられる。ただし、彼らが提供した気体フッ化水素サンプルの結果はまだ出ていない状態であると思われる。

ソウルブレインはすでに高純度液体フッ化水素をサムスン電子など、いくつかに納品していた企業である。そもそも品質信頼性が高かったわけだ。このため、市場では、液体フッ化水素は、最終的な配信基準に相当レベル国産化が進行されたという評価を早くから受けてきた。

今回、サムスン電子の内部テストでは、ソウルブレインの工場増設にによる追加生産分も工程投入が可能なレベルであるかに焦点を合わせて行われた。ソウルブレインが提供する高純度液体フッ化水素はすでにサムスン電子工程の一部に使用されてきただけに追加生産分も早く工程に適用になるという見通しも出ている。






米国が韓国に関税…韓国産パイプラインに最大39%賦課!サムスン電子の営業利益比56%減 米国が韓国に関税…韓国産パイプラインに最大39%賦課!サムスン電子の営業利益比56%減 Reviewed by Admin_HeavytN on 7月 31, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.