SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

韓国た電池産業を!日本産素材に100%依存していた



日本が韓国をホワイトリスト(輸出手続きの簡素化国)から除外した場合、二次電池の中核素材であるパウチの韓国への輸出が中断される恐れがあり、電池メーカーが超緊張している。パウチは、バッテリー内部の化学反応を起こす材料を包み込むアルミ・プラスチック複合材料である。

日本政府は、早ければ来月2日に行われる閣議で韓国をホワイトリストから除外する内容の輸出貿易管理令の改正案を処理する方向で最終調整していると26日、読売新聞が報じた。この場合、日本企業はパウチなど1115品目(戦略物資)を韓国に輸出する際に、日本政府からの個別の許可を受けなければならない。

去る4日から半導体材料の輸出を規制している日本がホワイトリスト除外を介して韓国の新成長産業である二次電池を攻撃するという見通しが出ている。韓国のバッテリーメーカーは、100%日本産パウチを使っている。パウチ輸出を規制する電池だけでなく、携帯電話、電気自動車など関連産業まで全方位打撃を受ける恐れがあるという観測が出ている。

LG化学、サムスンSDI、SKイノベーションなど3社のリチウムポリマー二次電池に入るパウチを日本DNPと昭和電工から全量供給を受けている。

両社はこれまで、中国供給価格の半額レベルで高品質のパウチを韓国3社に供給してきたことが分かった。バッテリーメーカーの関係者は、“パウチは、技術と価格の面で、日本に大きく押される状況で輸出規制が現実化すると、かなりの打撃を受けるしかない”と話した。

二次電池(バッテリー)は、半導体に続き、韓国が日本を逆転した代表的な先端産業として挙げられる。LG化学、サムスンSDI、SKイノベーションなど電池3社のグローバル市場占有率は40%に迫る。性能と価格などを総合的に考慮した競争力は韓国電池3社は世界最高水準に挙げられる。陽極材と陰極材、分離膜、電解液などの4大原材料はほとんど国産化に成功した。

しかし、原材料を包み込んでくれる重要な素材であるパウチはまだ日本に100%依存している。日本が韓国をホワイト国(ホワイトリスト)から除外してパウチ輸出の道まで防ぐと韓国電池業界の“誠意と努力を注いだ塔”が一日で崩れるかもしれないとの指摘が出ている。

LG化学SKイノベーションは、すべての電池製品がパウチを使うリチウムポリマー電池である。サムスンSDIは、小型(携帯電話)にパウチ型、中大型(電気自動車・エネルギー貯蔵装置)には、パウチが必要ない角型(金属の箱)を使う。日本から輸入していなければ、携帯電話から電気自動車まで影響が拡散するという予想が出てくる理由だ。

バッテリーパウチは、プラスチックと接着剤、アルミニウムを重ねて積み上げる。7重(小)~9重(中・大型)を重ね合わせながら厚さは、小型が0.1㎜、中大型が0.15㎜に過ぎない。酸素に触れるだけで火が付く高純度リチウムなどの反応性の高い材料を外部と完全に遮断しながらも、軽量で柔軟性が良くなければならないため、高い技術力が要求される。

韓国科学技術情報研究院によると、バッテリーのコストでパウチは約12%を占めている。陽極材(39%)と分離膜(16%)の次に比重が大きい。グローバルパウチ市場は、日本のDNPと昭和電工の両社が80%以上を占めている。両社とも年間売上10兆ウォン、営業利益率20%以上を維持する超優良企業である。毎年研究開発(R&D)のみで2000~3000億ウォンを投入することが分かった。DNPは、パウチのほか、各種フィルム類で、昭和電工はエッチングガスなどの化学製品に強みがある。

DNPと昭和電工は、中国市場では、高品質のパウチを㎡当たり最高6.5ドルで供給しながら韓国の3社は、その半分の価格で販売していることが分かった。バッテリーの需要が多く、中国では高価な方針を維持する一方、韓国では国産化を阻止するために低価格戦略を維持しているというのが業界の分析だ。

LG子会社ヒソングループのヒソン化学は、2009年にパウチの開発に入ったが、同じ低価格攻勢に押されて2017年BTL先端素材事業を譲渡した。BTL先端素材は暁星フィルム事業部の研究チーム長出身のチョン・サンウク代表が2017年に設立した企業である。農心グループの系列会社である栗村化学は、世界市場シェアの3%前後を維持しているが、すべて中国に販売する。

このバッテリー3社は、日本の輸出規制に備えてBTL先端素材、栗村化学パウチ供給を協議するなど、対策作りに苦心していることが分かった。バッテリーメーカーの関係者は、“国内企業が品質と価格を日本のレベルに合わせると生産設備の構築までには相当の時間がかかる”とし“日本が輸出を規制すると、現在のところは選択肢がない”と憂慮した。

パウチ国産化のために、政府が先制的に対応しなければならという指摘も出ている。国家科学技術知識情報サービス(NTIS)によると、最近4年間(2015~2018年)の間のバッテリー素材関連国家研究課題は、陽極材530件、陰極材618件、分離膜246件、電解液140件で4大原材料に1500件以上傾いた。一方、パウチは10件に過ぎなかった。

中国は政府次元で国産パウチの使用を奨励することが分かった。中国のセレンテクノロジーは、2016年、日本のパウチメーカーTOPPANを買収した後、CATL、BYDなど中国バッテリーメーカーに供給を増やし、急速に成長している。

韓国た電池産業を!日本産素材に100%依存していた 韓国た電池産業を!日本産素材に100%依存していた Reviewed by Admin_HeavytN on 7月 28, 2019 Rating: 5

0 件のコメント:

読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.