Featured Posts

[Featured Posts][feat1]
SunNewsJPへようこそ (^_^) 良い一日を

習近平主席が国家特別危機管理部を設立も …脳手術の憶測tcb

1月 16, 2021
 昨年末の12月29日、中国の習近平国家主席が入院し、脳内の動脈瘤の手術を受けたとのニュースが世界を駆け巡った。このニュースは米国内の中国人民主化活動グループやインドのチベット亡命政権などの団体が「非常に重要なニュース」として確認に走り、日本の中国問題専門家にも問い合わせの電話や...
習近平主席が国家特別危機管理部を設立も …脳手術の憶測tcb 習近平主席が国家特別危機管理部を設立も …脳手術の憶測tcb Reviewed by RichKid on 1月 16, 2021 Rating: 5

インド軍、国境地帯で中国兵を拘束…「中国スパイ集団」異例の摘発india

1月 15, 2021
 インド軍は、中国との事実上の国境に当たる実効支配線(LAC)のインド側で、8日に中国の兵士1人を拘束したと発表した。 発表によると、中国兵はパンゴン湖の南側でLACを越えてインドのラダック地域に入り、インドの部隊に拘束された。中国兵がLACを越えた理由については調査中としている...
インド軍、国境地帯で中国兵を拘束…「中国スパイ集団」異例の摘発india インド軍、国境地帯で中国兵を拘束…「中国スパイ集団」異例の摘発india Reviewed by RichKid on 1月 15, 2021 Rating: 5

Tesla、約15万8000台の「Model S」と「Model X」がリコール対象に…「タッチスクリーン不具合で事故の危険」

1月 14, 2021
 米国家道路交通安全局(NHTSA)がテスラ車両のタッチスクリーン不具合に対する懸念を理由に15万8000台のリコールを要求した。テスラは車両内部の物理的ボタンを廃止し、ほぼすべての機能をタッチスクリーンで制御している。 13日(現地時間)、ロイター通信によると、NHTSAはテス...
Tesla、約15万8000台の「Model S」と「Model X」がリコール対象に…「タッチスクリーン不具合で事故の危険」 Tesla、約15万8000台の「Model S」と「Model X」がリコール対象に…「タッチスクリーン不具合で事故の危険」 Reviewed by RichKid on 1月 14, 2021 Rating: 5

中国製EVを信じて買った消費者で悲鳴を上げまくる大惨事が発生してしまう …車の中で震えています

1月 13, 2021
 新エネルギー車の所有者は車の中で震えています 寒い季節、特に北部では、新エネルギー車の所有者は苦労します。バッテリーの寿命が大幅に短くなります。車内のエアコンをあえてオンにすることはありません。充電ステーションは並んでいて、ダウンジャケットに身体を包むことしかできません。特に最...
中国製EVを信じて買った消費者で悲鳴を上げまくる大惨事が発生してしまう …車の中で震えています 中国製EVを信じて買った消費者で悲鳴を上げまくる大惨事が発生してしまう …車の中で震えています Reviewed by RichKid on 1月 13, 2021 Rating: 5

イランに拿捕された韓国船からの連絡が途絶える…高官会談で溝埋まらずik

1月 12, 2021
 イランと韓国の交渉についても何やら不穏な空気になりつつある。イラン現地に派遣された船主保険組合からの連絡が途絶えたという。韓国人の船員は無事かどうかも分からず、船舶そのものの電話も繋がらなくなってしまったようだ。拿捕よりもさらに厳しい状況に置かれている可能性もある。 イランに韓...
イランに拿捕された韓国船からの連絡が途絶える…高官会談で溝埋まらずik イランに拿捕された韓国船からの連絡が途絶える…高官会談で溝埋まらずik Reviewed by RichKid on 1月 12, 2021 Rating: 5

中国人専門家「副反応だけで73種類、シノファームのワクチンは危険」

1月 11, 2021
 正確なデータを公開せず信頼不足を招いている中国産ワクチンに対する疑惑がさらに大きくなっている。中国産ワクチンを世界で最も危険だと話した中国の専門家が自身の言葉が歪曲されたとして火消しに出たが、彼の話を見ると疑問はさらに増幅されるためだ。 中国・上海のワクチン専門家、陶黎納氏は6...
中国人専門家「副反応だけで73種類、シノファームのワクチンは危険」 中国人専門家「副反応だけで73種類、シノファームのワクチンは危険」 Reviewed by RichKid on 1月 11, 2021 Rating: 5

極寒の中国が真っ暗、北京・上海などで再び突然の停電cd

1月 10, 2021
 強い寒気に見舞われている中国で、各地は今シーズンの最低気温を記録した。6日から7日まで、北京市、上海市、陝西省、山東省などの住民はSNS上で、突然の停電で暖房器具が使えない状況を相次いで訴えた。昨年12月下旬、北京市と上海市のほかに、浙江省、湖南省、江西省、広東省などでも、停電...
極寒の中国が真っ暗、北京・上海などで再び突然の停電cd 極寒の中国が真っ暗、北京・上海などで再び突然の停電cd Reviewed by RichKid on 1月 10, 2021 Rating: 5
読者の方からのコメント、いつもありがたく拝読させていただいております。感想のみのひと言コメントでも構いませんので、皆様の書き込みをお待ちしております。
Powered by Blogger.